Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2023.08.12 【E657系フレッシュひたち塗装4色達成なるか?】灼熱地獄の常磐線内原~赤塚間で撮り鉄

さて、お盆休みに入り、長い休暇の中で茨城県方面へ遠出でもしていました。そこで向かった先は、、、

常磐線内原駅で下車し、水戸方面へ暑熱の温度の中、歩いて20分近くの、

イオンモール水戸内原付近の道路橋にある有名撮影地に向かいます。ここでは、一面田んぼの中を行く常磐線E531系やE657系を撮影できるので、かなり知名度の高い撮影地です。

それに、E657系といえば、、、

かつてE653系の『フレッシュひたち』が纏っていたカラフルな塗装を復刻させて注目を集めており、グリーンレイク塗装をはじめ、

スカーレットブロッサム

イエロージョンキル

ブルーオーシャンといった4色が現在配色されており、これらすべての列車をコンプリート出来たらいいなと思って、このスポットにやってきたのでした。

E531系はこの区間では土浦行の5両編成が中心となりますので、編成が短いという難点はあります。やはり、この構図は長編成がおススメですね。

下りを撮る場合、イオンモールを背景にこのように撮る感じになります。

まずは、スカーレットブロッサム塗装(E657系K12編成)による『ときわ66号』を撮影。E653系時代を細部にまでよく復元されており、『フレッシュひたち』を見事によみがえったような感触がします。

その数分後には、グリーンレイク塗装(E657系K17編成)による『ひたち9号』もやってきたのですが、反対側に回り込めずに撮影は叶いませんでした。その後、この編成は夕方ごろに上り『ひたち20号』まで待たなければ通過してこないので、仕方なく諦めることとします。

続いてブルーオーシャン編成(E657系K1編成)も臨時列車としてクリアしました。これで3色稼働していることは確認できました。残りはイエロージョンキルのみとなりますが、果たしてくるのでしょうか?

その間にあまりにも暑くて熱中症予防のため、橋の下へ降りてきました。近くに日陰があるので、ここで撮影することとします。

その後、次々とくるE657系はノーマル塗装が続きますが、この後イエロージョンキルのK2編成が『ひたち16号』として運用に就いており、14時半過ぎに現地を通過することが判明。では、楽しみに待ちたいと思います。

さて、鮮やかな黄色のE657系が登場し、これで3色達成。4色達成が叶わなかったのが少しショックですが、また今度も機会があれば挑戦してみたいと思います。

さらに、E653系付属編成にカラーリングされていたオレンジパーシモン塗装ももうすぐ登場すると思いますので、一日に5色制覇にも成し遂げてみたいですね。

というわけで、以上灼熱地獄の中の常磐線内原~赤塚間でした。