ヒダヰゴ交通局

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2024.05.18 【週末パスで山形県置賜地方日帰り旅行】E8系初乗車!!

東北、上越、北陸、秋田、山形、北海道のたくさんの新幹線車両が集う東京駅新幹線ホーム。そこに新たな仲間が加わり、バラエティは益々豊富になってきています。

それは、E8系。今年3月に山形新幹線つばさ用として登場し、最高時速も300km/hに到達するなど山形新幹線も新時代に突入です。

というわけで、今回は5月中旬のとある週末に週末パスを使い、E8系が充当される9:48発の臨時つばさ177号に乗って山形県置賜地域(平たく言えば米沢・赤湯付近)に旅に出ようと思います。

北陸新幹線ではE8系登場と同時に敦賀まで延伸し、福井県が注目を浴びていますね。ただ、福井は秋ごろに後回しにします。

22番線にはE5系が入線。その後ろには…

E8系が併結。このつばさ131号はつばさ号がよく停まる上野、宇都宮、郡山、赤湯、かみのやま温泉などにも停車しない速達タイプです。

しかし、E8系はシャープで歴代の山形新幹線で度肝を抜く車種ですね。

そして、9:35頃、やまびこ124号が入線。

そして、今回乗車するE8系のつばさ177号が連結しておりました。デビューからたった2ヶ月で乗車を果たせるのも、感激ですね。

車内整備中。このドア下に注目です。

山形新幹線は在来線区間なので、車両の規格が在来線と一致するように設計され、車幅が狭いためにステップが付いているのです。これぞミニ新幹線の必見ですね!!

側面はE3系新塗装とほぼ変わらないような…。ただ、オレンジの帯の比率が広がりましたね。

さて、いよいよ乗車。普通車の座席は紅花の黄色から抽出した紅色までグラデーションしたような新感覚のモケットです。

9:48、東京駅を出発しました。

最初の停車駅である上野駅にはたったの5分程度で着きます。

都内では速度は控えめで、スピード感の物足りない車窓を見るのも面白くないので今のうちに車内チェックへ。

リクライニングは肘掛けのレバーで倒す形となります。

デッキの壁などに木材を多用しており、客室ドアも黒く塗られるなど、個人的に車内環境は気に入りました。

荷物スペース。キャリーバックも問題なく置けると思います。

男子トイレ。今の新幹線だと、小便も使いやすいですね。

紅色のカーテンの備えられた洗面所。シャンプーや乾燥機もついています。

これなら人に優しい機能ですね。

男女兼用の洋式トイレ。

ウォシュレットリモコン設置のほか、水を流すにはセンサーで翳す形となります。

公衆電話はすでに廃止されているのに、設置準備スペースらしき空間が。ここはおそらく通話スペースというわけで、「携帯電話の使用はここで通話願います」ということでしょうか?

号車表示の矢印も独特な形状ですね。面白い。

12号車には車椅子スペースも設けられ、

広々としたオストメイトトイレに、

お身体の具合の悪い方や授乳中の妊婦さんが利用される多目的室もあるなど身障者に向いた車両であります。

車内探検が終わるころに大宮駅到着。大宮ではかなりの客層があり、さすが埼玉県の規模の大きさが伺えますね。

大宮を出るとスピードが上がっていきます。

上越新幹線とお別れ。つばさ号は福島まで東北新幹線を行きます。

東北新幹線単独区間になると、こうして田園風景が拓けてくるんですね。

まもなく宇都宮。栃木県の県庁所在地らしくビルの密度の高い都市ですね。

さて、宇都宮から先はいよいよ最高時速300km/hを堪能できる区間になります。

つばさ号も高速化の時代ですね。

那須連邦を見渡しながら東北へ近づいてきます。

いよいよ東北地方は福島県に入り、新白河を通過中。

時刻はまだ11時前ですが、早めの昼飯をいただきましょう。東京駅で購入した駅弁、とりめし。掛け紙が以前と比べて変わっていますね。

東北になってくると、トンネル区間が多くなるんですね。東北新幹線は線形を考慮して敷設した要因もあるようです。

郡山車両センターが見えてくると、郡山駅に着きます。あっ、鶴見線205系もいるではないか。

郡山駅には数を減らしているE2系と出会いました。E8系からE2系が見えるのも数年間限定というところでしょうか?

安達太良山に写真の吾妻小富士が見え、

阿武隈川の支流である荒川を渡ると、そこは福島駅です。

福島駅では東北新幹線山形新幹線の分岐駅でもあり、やまびことつばさは当駅で切り離しとなります。

というわけで、切り離しの様子を見学、と言いたいところですが、

我々が乗車中のつばさ号が先に発車するため、残念ながら見学はできません。

つばさ号は福島を出ると高架線を下り、

在来線区間奥羽本線)に入ります。

山形新幹線では何かしらの果物の果樹園もこうしてたくさん見えるわけであります。

ぶどう?それともさくらんぼ?

いよいよ板谷峠という峠越えに差し掛かります。

この絶景はまるでローカル線でしか味わえないわけですから、そこを行く新幹線は格別ですね。

板谷峠奥羽本線最大の難所として知られ、板谷峠に点在する駅にはスイッチバックの遺構も見られます。

峠を越えた先は山形県米沢市になります。

米沢駅。こちらは帰りに立ち寄る予定です。

飯豊連峰には5月の暑い時期というのに、なぜか積雪が残っていますね。

12:06、赤湯駅で下車。

時速300km/hという高速運転で山形県への所要時間短縮を実現させたE8系。快適でしたし、疾風のような速さはさすがに魅了しました。

また今度も乗ってみたいですね。

2024.05.11 【宗谷本線急行列車が小湊鉄道で復活】キハ40が天北ヘッドマーク装着

さて、里山ロッコに代わって小湊鉄道で運行中のキハ40による観光急行。

そこに宗谷本線で輝いた急行列車たちの4種のヘッドマークを5月から9月にかけて装着するという、昭和の鉄道オタクには堪らない企画が行われます。

その第1弾は、天北線経由で札幌から稚内まで駆け抜けた天北であります!!

上総牛久駅には既に首都圏色のキハ40が只見線色のキハ40と連結、なおかつ天北のヘッドマークを掲げて出発を待っていました。

そこから、タクシーで上総川間付近の踏切へ先回り。

そして、急行天北をインカーブ構図で1ショット目をクリア。

本当に急行が蘇ったかに見えますね。

続いて、三又駅付近では水鏡で撮影しますが、水田の映えがイマイチでした…。風が強くて、お蔵入りかと思われるところですが、

編成写真も記録してあります。天北のヘッドマークがよく見えています。

7月は利尻、8月はサロベツ、9月は宗谷という風に続々懐かしのヘッドマークが登場予定なので、できれば多く撮影して懐古的な風景を演出していきたいですね。

ただ、撮り鉄のマナー違反が続出するとその企画は中止になることもあるため、撮り鉄の際はマナーを守ることが第一ですね!!

2024.05.11 【南砂町駅線路切り替え工事で一部区間運休】東京メトロ東西線の激レアな行き先(葛西行、茅場町行など)

東京メトロ東西線では、2024年5月に南砂町駅において大規模改良工事が行われ、それに伴い、

東西線では東陽町〜西葛西間が区間運休となりました。そうなれば、鉄ヲタが注目を浴びるのがレアな行き先ですね!!

今回は、葛西行東陽町行、茅場町行などが日中に見られるという珍しい光景がこの5月の土日に発生しましたので、それらを特集しようと思います。

まずは東葉高速鉄道から。西船橋方面へ向かう上り列車がすべて西船橋止となり、東西線との直通運転が中止となりました。

東葉高速線内で西船橋行というのは、今では大変貴重ですね。

そして、西船橋へ。ここから地下鉄東西線になります。

東西線では、西船橋側がすべて葛西行となり、定期列車では滅多にお目にかかれない行き先が見放題なのです。

葛西ゆきの案内表示も特別に用意されました。

さて、行き先表示器に葛西と表示されるのも、特別ダイヤ限定なので、見応えはありましたね。

メトロ車のフルカラーLED採用編成はみなこの寸法になるようです。

中には西船橋から回送となる電車も多かったです。

05N系による葛西行

15000系による葛西行ももちろん見られました。では、葛西行のこの電車に乗車してみましょう。

液晶画面LCDや車内放送でも葛西行に対応していました。

南行徳で下車し、葛西行を撮影しますが、被りギリギリで危険なので行徳駅へ1駅逆戻りします。

東西線では地上区間が比較的長く、編成写真の撮影に向いた駅が多いです。なので、このような葛西行も撮れたりします。

回送列車も通過があります。

これで、葛西行撮り鉄を切り上げたのでした。それにしても、西船橋側はメトロ車が多く占めていました。

実は葛西より先でも葛西〜西葛西間でピストン運転があったと聞いたのですが、西葛西行はさすがに行き先表示器では未対応ですし、時間的にそちらを密着するのも厳しそうなので割愛。

今度は日本橋駅へ。中野側では東陽町までが運休で、東陽町行はもちろん、一部茅場町行もありました。

ただ、東陽町行は朝方だと多く見られるのでそこまでレアではありませんね。

そして、07系による茅場町行であります。

行き先LEDも茅場町行に対応済でした。

中央線方面との直通運転は行われ、三鷹行も通常通り見られます。

05系

最新型のスマホの方が綺麗に撮れていると思うので、そちらでも併せてお見せします。

最新型のスマホだと、鮮やかに明るく映りますね。

最後に15000系による茅場町行を撮影し、東西線から離脱したのでした。

JR車や3色LEDの05N系も走っていたようですが、それを捕まえられなかったのが残念ですね。でも、レアな行き先があちこち見れていい取材になりました。バッチリでした👌

というわけで、南砂町駅も2面3線化され、コンコースも拡張されるなど大規模に生まれ変わる予定です。楽しみですね。完成は2027年頃とのことです。

2024.05.04 【定期運行を臨時延長】京葉線を通過する255系わかしお号

2024年3月のダイヤ改正で定期運用から離脱するはずだった255系

しかし、ダイヤ改正後も一部の『わかしお』『さざなみ』で255系がなおも運用についているのはご存知ですか?

房総特急の全車指定席化に伴う周知の猶予期間として、今年6月まで期間限定で『わかしお』『さざなみ』としてその最後の勇姿を見ることができるのです。

ただ、それ以降の運用はいまだに発表されてないため、これを以って完全引退の可能性が高いでしょう。

というわけで、自宅からサイクリングで移動可能な京葉線検見川浜駅へ。

まずは、わかしお12号から。直線で見通しも効くし、高架線ならではの構図で撮影できる有名撮影地です。

あれから約1時間10分後…

またしても255系が来るというので、検見川浜駅の2番線ホームの海浜幕張寄り先端でスタンバイします。

こちらも高層ビルをバックに直線で撮影可能な有名撮影地です。

安房鴨川へ向かうわかしお9号。

千葉県の看板列車として知られてきた名車がなくなるのは県民として寂しいことですが、自身としては涙せずに笑顔で別れの時を迎えたいですね。

6月末までまだ余裕がありますので、チバテツの方は何度でも記録してみてください!!

2024.05.03 〜全線完乗を目指す男、終着駅より先へ(2)〜【京急に後手を踏むフェリー連絡駅】JR横須賀線・久里浜駅

私という鉄男は、鉄道が好きであるからこそ、自分なりの人生の目標を掲げています。

その一つが、日本全国の鉄道路線を完乗することであります。

ただし、それを成し遂げた人は数少ないもので、それへゆく道のりは険しいものであったりします。

本数が少なかったり、資金が乏しかったり、日程の調整があるなどして、その目標が実に難関であります。

ただ、自分はその目標に立ち向かっていたのです。

その第一歩として、一つの鉄道路線を起点から終点まで完全乗車すること。

それを達成した証として終着駅があるわけなのです。つまり、終着駅は自分にとって達成感のある駅としているのです。

終着駅まで来ては完乗の喜びも味わえるし、終着駅であるからこその風景もあったりして、終着駅に特別な思いがこもっているのです。

さらに、終着駅の周辺にはいろいろな出会いが待っており、それも完乗したからこそのご褒美にもなるわけです。

というわけで、当サイトでは、全線完乗を目指す男、終着駅より先へというコーナーを取り上げています。

第2回は、横須賀線のたった4両編成のE217系で降り立った終着駅。その駅とは…

久里浜駅。神奈川県の三浦半島に位置する盲腸線の終着駅の一つ。

ホームの横側には何本か留置線が敷設されていて、夜間留置に使用されるようです。

ホームも広々としています。

ホームから先へも線路が続いています。車止めも見当たりません。

横浜支社総合訓練センターも見え、ベージュ色の帯を纏った209系の訓練車の姿も見えます。

改札口からは一度階段を上って跨線橋を渡り、ホームに降る構造になっています。

久里浜駅の駅舎はまるで昔の建物のようですね。

この高い建物は京急の商業施設で、こちらが京急久里浜駅のようです。京急は駅ビルを建てるほど賑やかなのに対し、JRは閑静な駅前です。

神奈川から東京を超えて千葉でも久里浜行はよく耳にするだけに、JRの駅前は賑やかなお店はなく、完全に京急の方が規模は大きい印象がありますね。

京急の電車も見えています。

さて、久里浜の名所といえば、東京湾フェリーですね。この駅前ロータリーから出る京急バスに乗れば、東京湾フェリーのターミナルまでアクセスできます。

こちらが東京湾フェリーターミナル。

では、房総半島までの東京湾横断の船旅の始まりです。

船内はまるで映画館のシアターみたいな造りになっていますね。これで、快適に有意義な旅を過ごせそうです。

さらば、久里浜…。

海の先に見える対岸は千葉県の房総半島です。

360°広がる海の大パノラマは迫力ありますね。久里浜から金谷までは約40分です。では、この後も東京湾のクルーズを満喫していきます。

2024.05.03 【既に60%以上の廃車が完了】横須賀線・内房線E217系撮り鉄めぐり

E235系1000番台が横須賀・総武快速線向けに新製を続け、入れ替わりで廃車進行中のE217系

廃車済みのE217系の数も既に60%を超え、残すは基本・付属編成ともに20編成を割っており、これは今のうちに記録するしかない!とのことで、横須賀線にやってきました。

まずは新川崎駅にて。池袋から1本前の湘南新宿ラインでやってきたので、ぶっつけ本番でしたが、失敗せずに何とか撮れてホッとしました。

続いては東戸塚駅へ移動。ここでもカーブを描きながら入線してくるアングルで撮れる絶好の撮影地です。

右側は貨物線なので、本数も少ないであろうから被られる危険性はないだろうと一安心していましたが…、

E217系が来たタイミングで貨物列車が通過…。

やられました。これが撮り鉄の試練ですね。

その後、舞台はいよいよ横須賀線単独区間へ。北鎌倉駅付近の有名撮影地でもE217系、無事にGETしました!!

逗子駅で捉えたE217系はなぜか停車寸前の速度でゆっくりと通過。そういえば、この日横須賀線では何らかのトラブルもあったようですね。

実はその近くにWEBに載っていた撮影地があるらしいのですが、そこは脚立がないと厳しそうだったので、急遽見つけた撮影地で撮ったものです。それも、予定では上り列車目当てだったのが直前の下りもE217系だったのが幸いしました。

その後は久里浜から東京湾フェリーを利用してみました。40分間の船旅もあっという間でしたが、海を眺めながら快適な時間を過ごせました。

その後、内房線袖ヶ浦へ。駅からバスで2駅目の停留所から歩いて数分の内房線きっての沿線撮影地にやってきました。

E217系による快速が通過。千葉県内では快速運転も行うのが、横須賀線では普通と案内されるのはややこしいですね。

さらに17時頃、255系による臨時特急『新宿さざなみ4号』が通過。休日の内房線ではGW期間限定の運用だったので、内房線255系を撮るのはこれが恐らく最初で最後になろう一枚でしたね。

ただ、日没も迫る中での撮影でしたので、あまりキレイにはならなかったのはご容赦を。

E217系横須賀線総武本線の他に成田線内房線外房線などでも見ることができるので、撮影範囲は相当に及ぶはずです。引退までまだ時間はあると思うので、それまでの間にいろいろな撮影地を巡りながらE217系をたくさん記録してみて下さい。

というわけで、以上横須賀線内房線でした。

2024.05.02 【路線バスを乗り継ぎ!!】地元千葉から路線バスだけで東京都心へ行ってみた

5月に入り、GW期間も中盤に差し掛かっていました。そんな中、今年は3日間平日もあり、2日(木)だけ有休をいただき、勤務している会社より多めに休暇を設けていました。

その2日(木)には、千葉県から東京都内までひたすら路線バスに乗り継ぐ旅を実行しようとしていたのです。

かつてテレビ東京の某番組で人気を博したあの企画を真似してまで、本気で挑む時をいつか待ち望んでいました。

路線バスで都内へ向かう機会もほとんどないこの日はGW期間中に迎えたのです。

というわけで、千葉市内の某バス停にてAM7:00からバスを待つことに。

記念すべき1本目は7:09発の京成バス八千02系統の八千代台駅行になります。

さて、やってきました、、、でもこれではございません。

こちらのバスになります。

スタート地点7:09→【京成バス 八千02 八千代台駅行】→八千代台駅

最初の出だしはスムーズで八千代台駅に難なく到着しました。

八千代台駅7:46→【京成バス 津22 津田沼駅行】→習志野5丁目

これで一気に津田沼へ!!と思いきや…

なんと、途中の習志野五丁目でまさかの下車。なぜかというと…

今回の路線バスの旅はNAVITIMEのアプリをもとにルートを形成しており、NAVITIMEによれば習志野5丁目で別のバスに乗り継げば津田沼駅に早くつけるとのことで、ここで乗り継ぎます。

習志野5丁目8:04→【京成バス 津01 津田沼駅行】→津田沼駅

朝のバスは混雑している便が多かったのですが、こちらはガラガラでした。

がしかし、渋滞が発生…。

目的のバスに乗り継げるか不安が募ります。

結局津田沼駅には遅れて到着し、これから乗る東船橋駅への新京成バスには間に合いませんでした…。

とそこで、ナビタイムでルートを再検索したところ…、

1日2本の京成船橋駅行のバスを1時間待つと効率が良さそうとのことで、午前中からまさかの1時間待ち。路線バスの旅はナビタイムの予定時刻通りにうまくいかないのが実情です。

これで、路線バスの旅の恐ろしさを痛感したのでした…。

さて、待つこと1時間、1日2本のみの京成船橋駅行の京成バスシステムに乗り込みます。

津田沼駅10:10→【京成バスシステム 船41 京成船橋駅行】→京成船橋駅

しかし、そこでも渋滞に見舞われ、

これから乗るはずだった西船橋駅へ向かうバスに間に合わず、ここでも1時間待ち。

1時間後の西船橋へのバスはJR船橋駅から出発するとのことで、徒歩でJR船橋駅に向かい、東武百貨店の書店を訪れたり、昼飯を食べながら過ごしたのでした。

船橋駅11:34→【京成バスシステム 西船11 西船橋駅行】→西船橋駅

西船橋駅ではバスの到着予定時刻から次のバスまで15分ほど余裕があるため、乗り継ぎも難なくできそうです。

次に乗る市川駅行は京成トランジットバスによる運営で、西船橋駅では南口から少し離れた沿道から出ます。

西船橋駅南口12:10→【京成トランジットバス 市川03 市川駅行】→市川駅

12時半過ぎ、ようやく千葉県のはずれにある市川市まで辿り着きました。千葉県内は路線バスがそう簡単には繋がらない箇所がありながらも何とかここまで来ました。

というわけで、この京成タウンバスでいよいよ東京都に入ります!!

市川駅13:15→【京成タウンバス 新小52 新小岩駅東北広場行】→小岩駅北口

さて、江戸川を渡り、

東京都に入りました。路線バスだけで東京都に来るのも想像もつかないですね。

小岩駅北口。

さらに西へ進むには、南口から都営バスに乗ります。

これまで京成と冠するバス会社を乗り継いできましたが、ここからはいよいよ都営バスです。

小岩駅前13:40→【都営バス 錦27-2 船堀駅前行】→京葉交差点

途中の京葉交差点で下車し、この乗り継ぎで都心へ益々近づけていきます。

京葉交差点14:06→【都営バス 錦25 錦糸町駅前行】→錦糸町駅

スカイツリーが見えてきました。これぞ東京っていう風景ですね。

錦糸町駅に到着。いよいよゴール地点の新宿駅まで道筋を縮めてきました!!

これで、一気に新宿へグッと近づきます。

錦糸町駅前14:35→【都営バス 都02 大塚駅前】→大塚三丁目

🎵春のうららの隅田川

とうとう山手線の内側へ突入し、文京区まで来てしまいました。

湯島天満宮

東京ドームも見えます。

大塚三丁目で下車。この都02は乗車時間がこのバス旅で一番長かったような…。

ここから乗る早稲田へのバスは3分遅れているとの情報を察知したはずが、定刻通りにやってきました。

大塚三丁目15:43→【都営バス 上58 早稲田行】→江戸川橋

地下鉄江戸川橋駅付近のバス停に着いた後は、次のバス停まで少し歩きます。

地名の由来となった江戸川橋を渡り、

都道8号線を護国寺方面へ歩くとゴール地点へ向かうバスの停留所があります。

さて、これが最後の1本です!!

江戸川橋15:58→【都営バス 白61 新宿駅西口行】→新宿駅西口

あの新宿の大ガードを抜けると、いよいよゴールは目の前です!!

16:30頃、無事に新宿駅西口にてバス旅はフィニッシュ致しました!!

千葉から地道にバスを乗り継ぎながら、都心へやってくるなんて、精神力と労働力が合わさった能力が示されましたね。

渋滞などもあり、ナビタイムの検索結果で出てきたルートを基にバスで時刻通りに辿るのは難しく、バス旅の恐ろしさを痛感したところですが、無事にゴールできてよかったですね。

やはり、時間に困った場合はバスに頼ってはいけませんね、そういう時は正確性のある鉄道をお勧めします!!

これからも、他の地域でも路線バス乗り継ぎの旅もちょこちょこやっていこうと思いますので、その時までご期待ください!!