Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2024.04.27 【元日比谷線03系】上毛電鉄で撮り鉄

両毛線わたらせ渓谷鉄道桐生駅から徒歩7分、やってきたのは、一見ロマンチックな建物。それは、

上毛電気鉄道西桐生駅なのです。

駅舎内はこんな感じで待合室もかなり広々としています。

改札口の向こうにホームがある構造です。ホームの佇まいもいいロケーションですね。

というわけで、カラフルなバラエティに富んでいる700形の中から今回乗車いたしますのは、フェニックスレッドの第3編成です。

車内は京王時代からのロングシートになっています。さらに、自転車も車内に持ち込めるようになっているんです。

というわけで、西桐生から約15分で降り立ったのは東新川駅。この近くに撮影地があるみたいなので、撮り鉄をしようと思います。

まずやってきたのは、パステルブルーの第6編成でした。700形も前面のカラーリングが何種類かあってそれでワンダフルなのですが、できれば日比谷線からやってきた03系(現・800形)も来て欲しいところです。

続いて赤城方面からやってきたのはサンライトイエローの第4編成。

ここまで700形が中心でしたが、後継の800形は今後3編成投入される予定で、700形8編成あるうちの3本が引退してしまうかもしれないので、700形であっても意味のある撮り鉄かもしれませんね。

最後はゴールデンオレンジの最終増備車でした。というわけで、ここでは1回も800形を撮れないまま、3編成来たら退散する予定でしたので、800形は仕方なく諦めようと思います。

こうして、東新川駅にて赤城方面の電車を待っていたところ、予想だにしなかった奇跡が起きるのです。

なんと、東新川駅にて待っていた車両がまさかのメトロ03系でした!!

1駅乗車し、赤城駅で下車して徒歩でほど近い撮影地を見つけ、急遽撮り鉄をしようと思います。

その前に車内をチェック。整理券発行機や、

ドアボタンも設置され、ローカル線並の車両に様変わりしていました。

というわけで、西桐生で折り返して中央前橋へ行く800形を撮り鉄。編成も2両でまさに民間のローカル線の車両という位置付けですね。それにしても、沿線で撮り鉄もできるなんて、屈辱から這い上がったミラクルな展開でした。

日比谷線03系からイメチェンして上毛電鉄に加わった800形は、今後3編成投入される予定です。700形でも少なくとも3編成は置き換えられるので、700形重視の撮り鉄にもいずれアタックしたいですね。