Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2023.10.07 【全4形式のラインナップが大衆公開!!】新京成くぬぎ山車両基地サンクスフェスタ2023

さて、10月に入り冬が近づいてくるように涼しい気候になってきましたね。鉄道の日も近づいているこの時期、鉄道のイベントも多く行われているようで盛り上がりを見せていると思います。

そんな中、新京成電鉄ではコロナ禍以降ではおそらく初めて事前予約なしでの車両基地公開が行われました。

とのことで、くぬぎ山車両基地へ向かうと、親子連れなどで多くの行列ができていました。これはボルテージが上がりそう。。。

10時過ぎにはくぬぎ山駅についていたのに、およそ30分待たされてようやく入場できました。

おととしに引退した8000形のカットモデル展示もありました。塗装もしんちゃん電車のカラーリングになっていました。これはクラシカルな見ごたえがあります。

懐かしのしんちゃんの装飾も見られました。

車掌体験や休憩用として工場内に展示された車両は8900形でした。30周年記念のヘッドマークに行き先表示器もラッシュ時にしか見られないくぬぎ山行になっていました。

モーターカーの体験乗車もあったようです。自分は体験しなかったのですが、このような体験をされた方は貴重な経験ですね。

車両基地公開の定番と言えば、車両展示ですね。最新鋭の80000形から8800形まで、ずらりとお目見えしました。8000形が引退してしまった穴を80000形が埋めるような感じですかね。

8800形は2編成展示されましたが、中でも一番左端の8804編成は今では数少ない幕式でした。それに表示も北習志野行!!その隣の80000形がさらに素晴らしい、行き先表示器には新京成ロゴマークにしんちゃんのイラストというめったに見られない表示になっています!!!

さらに、N800形をご覧いただくと、八柱行。右側の8900形にもご注目です。新鎌ヶ谷行も実際に設定されていないので、ひとめぼれしてしまいそうです!!

そのさらに右側の8800形にも目を向けてほしいです。なぜなら、フルカラーLEDの8800形と幕式の8800形が二つとも展示されたということで、フルカラーLEDの8807編成は、これも普段は見られ難い高根公団行になっています!!前回この新京成車両基地を訪れた際にも高根公団行を見ることができ、5年ぶりにその光景を目の当たりにしたのです!!

車両基地のそばを北総線の高架線も見えており、京成スカイライナーと新京成の現役4形式が並ぶショットが必見です!!

車両基地の左奥を見てみると、もう1編成N800形が留置されており、このラインナップも幻想的です。

そして、入区してきた8813編成が洗車を浴びてきました。

一休みしていたN800形N828編成が出庫していきます。

営業運転中のN800形と並走しながらいってらっしゃい!!

こうしてN828編成出庫後はこのようなオンパレードが成立しました。

再びデビュー30周年ヘッドマーク付きの8900形に注目すると、こちらもまた高根公団行になりました。

整備工場内にはほかにも8900形の実際の台車も展示されており、

ドアップな視点で眺めることができます。これも長年頑張ってきた証ですね。

というわけで、社員しか目にできない設備に首を突っ込めたり、電車の操作もできたりと子供や大人ともども充実できるイベントでございました。

特にコロナ警戒中のこの世の中において、予約なしで車両基地の一般開放に尽力していただいた新京成の方々には感謝の気持ちでいっぱいです!!

コロナ禍が完全に明けたら鉄道各社でこのような事前予約なしでの車両基地公開の開催に漕ぎつけてほしいですね。