Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2023.08.15 【花火大会向け臨時列車が怪しい天候の中運行】真夏の甲斐路を行く185系

関西地方では台風に見舞われたお盆休み終盤のこの日、長野県の諏訪地区にて諏訪湖祭湖上花火大会が4年ぶりに開催されることとなり、それに向けた団体臨時列車185系を使用して運行されるとのことで、

関東でも天候が芳しくなく、花火大会自体が開催されるのか不安がよぎる中、185系が来ることを信じて中央本線山梨県区間にやってきました。降り立ったのは、四方津駅

駅から歩いてほど近い歩道橋にある有名撮影地で待つことにしますが、通過予測時刻1時間前に到着しているのに誰一人もおらず、小雨も降っており、本当に運行されるのかも曖昧な状況です。それでも、何とか雨は上がっていき、185系が来たら好運というわけでとりあえずカメラを構えます。このようにのどかな風景を行くE353系や、211系などを捉えられます。

E257系5500番台も来ました。これはどうやら臨時の『富士回遊』のようです。

211系も国鉄時代から頑張り続けているのですから、後継車両の話ももうすぐでてきそうですね。

特急は普通列車以上にやってくるので、そう考えると普通列車の本数の少なさがわかりますね。

そして、運を賭けて待ち続けた結果はその時訪れました。185系は見事に運転されました。花火大会が中止となれば、運休となるのは間違いありませんでしたが、こんな怪しげな天候の中でも運転されたのは撮り鉄的にはありがたいですね。

というわけで、185系は秋の行楽シーズンにも一般販売の臨時列車に充当されるようなので、何度か撮るなり乗るなりするチャンスが巡ってきそうです。楽しみですね!!