Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

【謹賀新年・2020年】あけましておめでとうございます!!

皆さん、あけましておめでとうございます。

さて、年も明け、いよいよ2020年に突入いたしました!!

2020年といえば、東海道新幹線が開通した1964年以来実に56年ぶりの東京五輪開催の年ですね。そんな東京五輪に向けて、鉄道各社でも様々な取り組みが進められます。その一つが、山手線の高輪ゲートウェイ駅開業。

f:id:daihida:20191214214418j:plain

12月ごろに実際に見た感じでは、ほぼ完成に近づいていると感じます。その他にも原宿駅千駄ヶ谷駅など会場の周辺に位置する駅やアクセス路線への乗換駅でも、オリンピックへの来場者に対応できるよう、駅改良工事が行われているところです。

さらに、オリンピック期間中には首都圏の鉄道各線にて深夜時間帯の運転も予定され、競技会場からの帰宅需要に対応も計画されています。

さて、鉄道の話題はもちろん、それだけではありません。

「札沼線 新十津川」の画像検索結果

北海道では札沼線北海道医療大学新十津川間が廃止に。特に浦臼新十津川間は1日1往復の運転で、注目を集めた路線でした。昨年の夕張線に続いてJR北海道の路線網がさらに縮小されていくことになります。

f:id:daihida:20200101130019j:plain

さらに、2011年の東日本大震災で被災し、一部区間で不通が続いていた常磐線も全線で運転が再開されます。

今回開通する区間は、富岡~浪江間。これにより、常磐線が震災前の路線に元通りすることになります。さらに、東京と仙台を結ぶ特急も運行が計画され、首都圏から東北への交通手段がまた一つ増えていきます。

「n700s」の画像検索結果

さらに、東海道新幹線では最新鋭のN700Sが7月に登場予定。名前こそN700系シリーズですが、既存車両とは外観、車内、機器類に至るまで別物で、さらなる時間短縮や居住性の向上が見込まれます。

近鉄では、新型名阪特急として80000系『ひのとり』が登場。プレミアムシートはハイデッカー仕様の車両で、レギュラーシートも前席のリクライニングが気にならないデザインとなっており、既存のアーバンライナーよりも大幅な居住性向上が図られた特急車両として注目されます。

「サフィール踊り子」の画像検索結果
伊豆方面では、新型観光特急『サフィール踊り子』が登場。グリーン車をさらに格上げしたプレミアムグリーン車やヌードルバーなど、観光需要に特化したこれまでの特急車両にないクラスの列車です。

f:id:daihida:20210315163830j:plain

JR西日本では、『WEST EXPRESS銀河』がデビュー。117系魔改造させた夜行特急列車で、関西と出雲方面を結びます。夜行列車の登場は、1999年のカシオペア以来のことです。

そんな鉄道事情が生まれてくる2020年。個人的にも昨年は年明け直後から夏にかけてあまり活動できない日々が続いていたので、今年こそはより活発的に鉄道に関わる活動をし、ブログも常時あげていきたいと思いますので、2020年もヒダヰゴ交通局の方をよろしくお願いいたします。