Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2023.11.18 【E235系への世代交代が進行中】横須賀・総武快速線E217系グリーン車乗車記

とある土曜日の帰宅時間帯の品川駅。これからある車両に乗り、千葉方面へ帰ろうとしています。

E235系1000番台に代替が進むE217系。現状を思うとかなり数が減っていると感じ、E235系から話題を変えてE217系にでも乗ろうと思い、それもグリーン車を利用しようと思います。

横須賀線品川駅上りホームのSuica専用のグリーン券券売機は常盤軒というお蕎麦屋さんの近くにあります。

さて、E217系による快速上総一ノ宮行の入線です。

E217系グリーン車は何度も使用していますが、もしかするとE217のグリーン車利用はこれが最後のチャンスかもしれません。

2階の座席はこんな感じです。

グリーン券情報の入ったSuicaを頭上の読み取り機にタッチしましょう。

品川駅を出るとすぐに地下へ入ります。

テーブルはE235に比べると若干薄っぺらく重い荷物を置くのに不安を抱えます。

ライトの形も小さめです。

化粧板は1990年代製造の車両ということもあって、寒色系になっていますね。

E235系にはコンセントがついているはずが、E217系には未装備なので注意が必要です。

次駅案内もLED式ですね。

1階はこのような雰囲気になっています。やはり、外は暗いから2階でなくても変わりはなかったようです。

平屋部はこのようになっています。ドア部分だけ木材を使っていますが、化粧板は白地のシンプルな壁面です。

洗面台。シンクが少し小さめかも。

トイレも広さには問題はないのですが、E235よりは狭める感じですかね。ベビーチェアもないですね。

ブラインドにも柄が入っているのもE235系との違いでしょうか?

地上に顔を出し、錦糸町駅に着きます。

黄色い各駅停車も颯爽と追い抜きます。

市川駅成田エクスプレスの通過待ちもあります。

津田沼駅に降りるときに気がついたことですが、最前列のテーブルが小さいですね。今時の特急だと大型のテーブルが当たり前ですからね。

とういうわけで、短い距離でしたがE217系グリーン車を取り上げていきました。やはり、横須賀線総武快速線グリーン車に乗るならE235系の方がいいなと感じました。でも、もうすぐ乗れなくなるとのことでE217も記念になりました。