Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2021.12.28 ~Go To九州旅行~【九州の人気リゾート特急】ゆふいんの森に乗る

f:id:daihida:20211229182233j:plain東京から東海道新幹線で大雪による遅れも含めて約5時間40分、人生で初めて九州に上陸しました!!

f:id:daihida:20211229182405j:plain駅中の商業施設でいただいた本場の博多ラーメンは、豚骨の味に細麺が合い、バリうまでした!!

さて、博多ラーメンで満腹にし、

f:id:daihida:20211229210253j:plain博多駅のホームを散策してみることに。ここでは、関東近郊では見慣れない水戸岡鋭治さんによるデザイン(通称:水戸岡デザイン)がされた特急列車などが行き交うので見てみましょう!!まずは、885系『かもめ』号。『かもめ』の名前は、2022年秋に開業予定の西九州新幹線の列車名に使用されます。

f:id:daihida:20211229210555j:plain中でも、宇宙船のような丸みの帯びたフォルムがインパクトがありますね。

f:id:daihida:20211229210740j:plainこちらは、2つとも同じ885系ですが、列車名は『ソニック』と『かもめ』です。また、顔のどこかも違うところがあります。さて、どこでしょう?

f:id:daihida:20211229210912j:plain真っ黒でかっこいい顔といえば、787系ですね。残念ながら、こちらは回送列車のようです。

f:id:daihida:20211229211151j:plain813系による門司港行き普通列車。こちらも普通列車とはいえ、格別なデザインですね。

f:id:daihida:20211229211501j:plain783系『ハウステンボス』号

f:id:daihida:20211229211840j:plainこちらも、派手なデザインが目立ちます。

f:id:daihida:20211229211957j:plain783系には、このようにシルバーの編成も存在します。こちらは『みどり』号佐世保行きです。

f:id:daihida:20211229212057j:plain前面にブルーのカラーリングがされた883系ソニック』。個人的にこの車両は結構気に入っています。

f:id:daihida:20211229212242j:plainさらに、新幹線ホームも見学。N700系には、薄い紫色の九州新幹線直通用もあります。

f:id:daihida:20211229212402j:plainN700Sも増えてきていますね。

f:id:daihida:20211229212444j:plain800系『つばめ』。ハンサムな顔つきと変わった内装が評判ですね。

f:id:daihida:20211229212704j:plainさて、在来線ホームに戻り、私がこれから乗る列車があります。それは、、、特急『ゆふいんの森』5号。おんせん県と呼ばれる大分県の温泉地の一つ、由布院まで行きます。

f:id:daihida:20211229212910j:plainキハ72系による由布院からの特急『ゆふいんの森』2号が入線です!!

f:id:daihida:20211229213058j:plainロゴマークがオシャレですね。

f:id:daihida:20211229213209j:plain

博多14:35→《ゆふいんの森5号 由布院行》→由布院16:46

ゆふいんの森号の車両はキハ71系と今から乗車するキハ72系の2車種があり、キハ71系は別府発着、キハ72系由布院発着で運行しています。

f:id:daihida:20211229213346j:plainさて、いよいよ乗車します。座席も座り心地よさそうです。

f:id:daihida:20211229213538j:plain床に天井内張りでも難燃木材がふんだんに使われ、JR九州らしさの温もりのある内装です。

f:id:daihida:20211229213747j:plain飛行機と同じように荷物棚が蓋つきです。

f:id:daihida:20211229221035j:plain座席裏のテーブルまで木材が使用されています。

f:id:daihida:20211229221207j:plainそして、14時35分博多駅出発です!!

f:id:daihida:20211229221442j:plainららぽーと福岡は、来年春にオープンするみたいです。

f:id:daihida:20211229221557j:plain

f:id:daihida:20211229221713j:plain

f:id:daihida:20211229221758j:plain基山駅を過ぎ、甘木鉄道と分岐。甘木鉄道の橋梁も錆が目立ちます。

f:id:daihida:20211229221912j:plain

f:id:daihida:20211229221944j:plain15時、博多駅を出て最初の停車駅、鳥栖駅に到着。駅前にはサガン鳥栖のホームグラウンド、駅前不動産スタジアムが見えます。

f:id:daihida:20211229222058j:plain筑後川を渡り、佐賀県から再び福岡県に入ると、

f:id:daihida:20211229222222j:plain久留米駅到着。鹿児島本線を走行してきた『ゆふいんの森』号は、ここから久大本線に入ります。

f:id:daihida:20211229222354j:plain久大本線に入り、耳納山地が見えてきます。東西24kmにも連なり、屏風のように見えることから別名『屏風山』とも呼ばれます。

f:id:daihida:20211229222538j:plain次第に左右両側から山が迫ってきます。

f:id:daihida:20211229222700j:plainここで車内探検に参ります。大きめの荷物はこの荷物スペースに入れるようです。

f:id:daihida:20211229222838j:plainキハ72系はハイデッカー車のため、客室通路と連結面通路の間を楽に移動できるよう、デッキに渡り廊下を通しています。

f:id:daihida:20211229223019j:plain洗面台もきれいに整備されています。

f:id:daihida:20211229223144j:plain化粧室は洋式トイレもあります。

f:id:daihida:20211229223240j:plain3号車に売店併設のビュッフェがあり、ドリンクやお菓子、デザート、ゆふいんの森限定のグッズが販売しています。

f:id:daihida:20211229223408j:plain3号車には、ゆふいんの森乗車記念証や記念スタンプが置いてあります。

f:id:daihida:20211229230113j:plainまた、3号車には4人用の簡易コンパートメントがあります。家族連れにおススメしたい席ですね。

f:id:daihida:20211229230251j:plain4号車はキハ72系の5両化に伴い、2015年に新たに増備された車両で、座席のモケットもほかの車両と違います。

f:id:daihida:20211229223518j:plain列車は日田まで三隈川と並行する形で走行します。

f:id:daihida:20211229223626j:plain私は売店でミカンジュースを購入しました。

f:id:daihida:20211229223806j:plain沿線最大の町で、江戸時代に幕府の直轄地として栄え、「小京都」と呼ばれる古い町並みの残る日田に到着。

f:id:daihida:20211229224052j:plain日田からは本格的な山越え区間となり、玖珠川に沿って走ります。

f:id:daihida:20211229224255j:plain

f:id:daihida:20211229224410j:plain開湯1300年の歴史をもち、別府・由布院と並んで豊後三大温泉の一つと言われる天ケ瀬温泉の玄関口、天ヶ瀬駅に到着します。

f:id:daihida:20211229224717j:plain杉河内駅を通過すると、進行方向右手に慈恩の滝が見えます。車窓から見える滝としては全国でも屈指な迫力です。

f:id:daihida:20211229224911j:plain伐株山が見えてきました。

f:id:daihida:20211229225150j:plain豊後森駅にて、キハ71系による『ゆふいんの森4号』とすれ違います。

f:id:daihida:20211229225703j:plain豊後森駅には、旧豊後森機関庫があります。円形機関庫と転車台が2012年に国の登録有形文化財に指定されました。

f:id:daihida:20211229230419j:plain車窓から由布岳が見えてくると、終点・由布院駅はすぐそこです。

f:id:daihida:20211229230508j:plain博多から約2時間10分、終点の由布院駅に到着です。この後、このキハ72系は折り返し『ゆふいんの森6号』となり、再び博多へ向かいます。

f:id:daihida:20211229230653j:plain駅前から由布岳が大きく見えます。というわけで、この後私一行は、由布院のホテルに宿泊し、明日は別府を観光し熊本県阿蘇へ向かいます!!お楽しみに!!!