Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2021.03.14 【E131系デビュー】150円で房総半島を一周する《後編》

終電の繰り上げや東海道線特急『踊り子』の刷新などが行われた今年のダイヤ改正。その翌日に150円の乗車券で房総半島を一周しようと、館山駅からE131系に乗車していました。

f:id:daihida:20210314194837j:plain

f:id:daihida:20210314201915j:plain館山駅を出て約45分、内房線の終点・安房鴨川駅に到着し、ここから外房線に入ります。

f:id:daihida:20210314202544j:plain

安房鴨川駅を出発し、いきなり外房線最大の車窓ハイライトとなる鴨川海岸が見えます。

f:id:daihida:20210314202716j:plain

安房小湊駅での10分近くの停車時間に『わかしお7号』と列車交換を行います。

f:id:daihida:20210314202859j:plain

行川アイランド駅。動植物園を中心とする大レジャーランド・行川アイランドの最寄り駅として設けられましたが、レジャーランドは来園者減少のため2001年に閉園し、今では房総随一の秘境駅として知られています。

f:id:daihida:20210314203242j:plain

行川アイランドの入場口跡のようなトンネルが見えています。

f:id:daihida:20210314203456j:plain

f:id:daihida:20210314203537j:plain

勝浦中央海水浴場とホテル三日月が見えてくると、勝浦に到着です。

f:id:daihida:20210314203723j:plain

勝浦~御宿間は複線区間になります。

f:id:daihida:20210314203858j:plain

外房線で間近に海の眺望を得られるのは、御宿までとなります。

f:id:daihida:20210314203955j:plain

大原駅に到着。この駅では、いすみ鉄道と接続しています。

f:id:daihida:20210314204145j:plain

館山を出て2時間弱でE131系の終点、上総一ノ宮駅に到着です。

f:id:daihida:20210314204302j:plain

関東地区のワンマン車両の先駆けとなったE131系をじっくりと堪能させていただきました。

f:id:daihida:20210314204406j:plain

続いては、E233系による京葉線直通快速外房線内各駅停車)東京行きに乗り換え。

これに大網まで乗車します。

f:id:daihida:20210314204533j:plain

大網駅で下車。

f:id:daihida:20210314204732j:plain

その後、東金線に乗り換え。

f:id:daihida:20210314204846j:plain

東金は、かつて県都千葉と同じくらい繁栄した町で、鉄道の開通は明治中期と早くなっています。

f:id:daihida:20210314205012j:plain

東金線は、九十九里浜まで続く広大な田園地帯を走りますが、外房線のように海は見えません。

f:id:daihida:20210314205134j:plain

成東駅総武本線に乗り換え。これでゴール地点の千葉駅へ向かいます。

f:id:daihida:20210314205247j:plain

日向駅にて、255系しおさい』と行き違いをします。

f:id:daihida:20210314205455j:plain

南酒々井駅は、駅周辺に林が囲まれた秘境駅の一つと言われている無人駅です。

f:id:daihida:20210314205617j:plain

佐倉から先は複線となり、普通列車も速度を上げていきます。

f:id:daihida:20210314205728j:plain

さて、千葉市内に入り、房総一周旅も残すところあとわずか。

f:id:daihida:20210314205846j:plain

終点、千葉駅到着。リーズナブルな房総一周鉄道旅行がこれで終結しました。E131系に乗れたり、電車から眺める海など、かなり贅沢ながらお得な大回りも満喫できました。また今度も別の区間などで大回りしてみたいですね。