Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2020.10.24 JR竹芝 水素シャトルバス

ただいま、東京駅丸の内南口におります。

ここから乗るのは、この日運行開始した『JR竹芝 水素シャトルバス』です。

f:id:daihida:20201025195849j:plain

このバスは、水素を燃料とし、走行時に二酸化炭素を排出しない燃料電池バスで、平日は1時間1本土休日は1時間に2本運転され、東京駅と竹芝地区を結びます。運賃は無料です。

どんなバスなのか、楽しみです。

f:id:daihida:20201025200349j:plain

さあ、やってきました。これが、『JR竹芝 水素シャトルバス』であります。

f:id:daihida:20201025200604j:plain

さて、乗車します。

f:id:daihida:20201025201533j:plain

座席も変わった造りになっています。

f:id:daihida:20201025201652j:plain

液晶モニターも先頭部と後方部両方についています。

f:id:daihida:20201025201836j:plain

さて、東京駅を出発。

f:id:daihida:20201025202253j:plain

東京国際フォーラム付近でJR山手線を潜り抜けます。

f:id:daihida:20201025202649j:plain

昭和通りでは、地下を通ります。

f:id:daihida:20201025202810j:plain

最初の停留所、ウォーターズ竹芝に到着。

f:id:daihida:20201025203027j:plain

続いては日の出ふ頭に停車。この日の出桟橋からは台場・有明方面への水上バス東京湾クルーズなどが発着しています。

f:id:daihida:20201025203440j:plain

その後、東京ポートシティ竹芝にも停車し、東京駅丸の内南口に戻ってきました。約45分間の乗車時間でしたが、1周してもなかなか楽しめるバス旅でした。途中の東京ポートシティ竹芝で下車し、浜松町駅から山手線で帰ってくるルートも面白いかもしれませんね。この水素シャトルバスは、2021年3月31日まで運行される予定です。みなさんもぜひ乗車してみてはいかがでしょうか。