ヒダヰゴ交通局

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2021.07.24 【京成3600形リバイバルカラー】京成高砂駅で撮り鉄

f:id:daihida:20210725150323j:plain

さて、本日は、京成高砂駅に来ています。なぜかというと、この後京成3600形のリバイバルカラーが本線運用についている上、京成の車両のみならず、都営浅草線北総線京急線の車両などが入線してくるのでバラエティーが豊かで、撮影の条件も良いので京成高砂駅は結構気に入っています。というわけで、ここで撮り鉄しようと思います。

f:id:daihida:20210725150245j:plain

まずは、上野動物園の双子のパンダ出産記念のヘッドマークを付けた京成3000形

f:id:daihida:20210725150901j:plain

京成3000形と同型の北総7500形

f:id:daihida:20210725151020j:plain

足回りが初代AE形の機器類を流用している京成3400形。主に優等列車で活躍します。

f:id:daihida:20210725151219j:plain

京成3100形。2019年に登場した成田スカイアクセス線用の車両です。

f:id:daihida:20210725151321j:plain

こちらは、京成3700形。8両編成で、主に優等列車での運用についています。

f:id:daihida:20210725151504j:plain

2代目AE形による『スカイライナー61号』。これにラッピング編成が運用につくと思われたのですが、運用変更になり、なにもラッピングはありませんでした。 

f:id:daihida:20210725151719j:plain

さて、いよいよ京成3600形によるリバイバル編成が入線。

f:id:daihida:20210725151933j:plain

f:id:daihida:20210725152141j:plain

というわけで、これで帰宅したのでした。3600形リバイバルカラーもいつか乗ってみたいですね。