Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2022.08.12 【撮るなら平日朝限定】E257系特急『湘南』

東海道本線ではE257系を使用した伊豆方面へ向かう特急『踊り子』が有名ですね。そのE257系はかつて『あずさ』『かいじ』などで使われていた0番台を改造したものです。そのリニューアルされたE257系は、平日朝夕には小田原から東海道貨物線などを通り、東京や新宿まで運転される『湘南』でも使用されています。その『湘南』を撮るには陽が出ている朝おススメです。

というわけで、特急『湘南』のおススメ撮影地をご紹介します。朝の『湘南』号は小田原を発車し、東京や新宿方面へ向かう上り列車が運転されます。中でも多くは東海道貨物線を経由しているため、東海道貨物線沿線で狙う方法もあります。今回は東海道貨物線東戸塚駅から保土ヶ谷(横浜羽沢)寄りのポイントで2本の『湘南』を撮影しましょう。ここへ来るには東戸塚駅からバスに乗り、品濃町バス停で下車すると近いです。

まずは新宿行の『湘南24号』から。9両編成の場合、貫通構造の形状の方が先頭になります。

続いて『湘南10号』。こちらは東京行ですが、東海道貨物線を通った後、横須賀線を経由するため東京駅に到着するホームが総武地下ホームになります。

続いて保土ヶ谷駅にほど近い大仙寺踏切へ。ここでは東海道線を経由する『湘南12号』を狙います。

『湘南12号』は14両編成で2500番台も連結しており、2500番台が先頭にきます。こちらはわざと『湘南』の表示に勝たそうと早めにシャッターを切らせました。

というわけで、『湘南』の撮り鉄は以上です。『湘南』を狙うには夕方でも東京を18時台に発車する1号、3号や新宿を18時25分に発車する21号なら夏であればなんとか編成写真は撮影可能かと思います。みなさんも、仕事前などに朝練で東海道線撮り鉄をしてみてはいかがでしょうか。寝台特急サンライズエクスプレス』もやってくるかもしれませんよ~。