Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2024.05.18 【E8系により置き換えへ】行きにE8に乗ったなら、帰りはE3系に乗れ!!

山形新幹線の新車、E8系にデビューから間もないながら初乗車を果たし、

長井、米沢などといった置賜の名所めぐりを日帰りで楽しみ、

日が暮れる目前に米沢駅からある列車に乗って東京へ帰ろうとしていました。それは…

またしても山形新幹線つばさ。帰りは米沢18:38発のつばさ156号に乗車します。というのも、往路はE8系に乗れたので、帰りはE3系に乗ってみることといたします。

このE3系ですが、今後E8系が続々増備が続くにつれ、E3系は置き換えとなり、2026年頃には引退する予定です。

つまり、E8系に乗車したらついでにE3系にも今のうちに乗っておかなければならないのです。

米沢駅のホームに入ると、米沢牛のオブジェが。

さらに、米沢の伝統文化の一つ、織物も展示がありました。

米沢駅から福島方面へ行く普通列車はすべて719系5000番台です。

さて、いよいよE3系2000番台によるつばさ156号の東京行が入線です。銀色の旧塗装を期待していましたが、今回は標準の新塗装というわけで、お許しください。

それでは、18:38、東京駅に向けて出発進行!!

再び板谷峠を超えて行きます。

米沢から福島まではたった1駅ですが、その所要時間が峠越えのおかげで長く感じますね。

峠を下りかけると、まるで姨捨のような夕景が見られます。

まもなく福島。ここでやまびこ号と連結します。

高架線を上り、東北新幹線と合流です。福島駅のアプローチ線は1本しかなく、上下線とも同じホームで分割併合を余儀なくされており、ダイヤ上のネックになっています。それを解消する為、上り用のアプローチ線も建設中です。

福島駅で連結中にはやぶさ+こまちに追い抜かれます。

連結が完了したようです。これで、E5系10両+E3系7両の17両編成となり、東京駅までこの状態で走ります。

ここで、車内でもチェックしましょうか。読書灯はこの黒い小さなボタンで点灯します。

ブラインドにはさくらんぼなどといった山形の特産品がプリントされているんですよ!!

洗面台。しっかりスペースで仕切られていますね。

公衆電話スペースは現在も通話の際に利用できるようです。

小便トイレのスペースもE2系など比べてかなり広がったと思います。

大型荷物スペース

洋式トイレ。ウォシュレットリモコンがないのが残念ですね。

11号車の洗面台だけ横向き配置になっています。

多機能トイレも11号車にあります。

車内案内表示器は同系列の0番台や1000番台と異なり、かなり大型化され、フルカラーLEDを採用。

E8系の普通車には見られなかったフットレストE3系には普通車にも設置。

電源コンセントもあるため、ケータイの充電やパソコン作業にも便利です。

ニューシャトルの駅が流れるように見えてくると、そこは大宮駅です。

大宮駅でかなり降りて行きました。

上野駅でも降りられる方もちらほらおられました。

東京駅手前でまさかの一時停止。その後、20:48に終点東京到着です。

日帰り旅行とはいえ、東北まで行って様々な経験が積めたと感じております。ホントに疲れました…。

E3系1000番台はすでに引退していますが、2000番台はまだ生き残っており、E3系の中でも唯一の存在なので、乗る機会あればぜひご乗車お待ちしております!!

今度旅行行くなら、温泉を交えた泊まりがけの旅行でも行きたいですね。

というわけで、次回の旅行はそれまでのお楽しみに。