Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2016.12.27 年末の銚子小旅行~後編~

2016年の年末、どこか遠くへ出かけようと銚子電鉄で旅をしており、今回はその後編をお届けします。

f:id:daihida:20161227224546j:plain

f:id:daihida:20161227225633j:plain

そこで駅名が気になり、降り立った駅が笠上黒生駅

f:id:daihida:20161228174829j:plain

さて、観音駅周辺の飯沼観音(円福寺)に到着。このお寺に、観音駅の駅名の正体となる観音様がいるというので、少し見てみることに。

f:id:daihida:20161228175008j:plain

おっ、いるではないですか。

f:id:daihida:20161228175303j:plain

このお寺には、なんと五重塔もあったんですね。

f:id:daihida:20161228175410j:plain

そして、観音駅にやってきました。観音駅もお洒落な駅舎です。銚子電鉄では、このようなユニークな駅舎が多いです。

f:id:daihida:20161228180324j:plain

駅に入ると、たい焼き屋が。私も召し上がることにしましょう。

f:id:daihida:20161228180551j:plain

さて、再び銚子電鉄へ。またも同じ車両です。

f:id:daihida:20161228180646j:plain

続いては、車庫の所在する駅、仲ノ町で下車。

f:id:daihida:20161228180753j:plain

そこには、笠上黒生で見かけた緑色の2000形が停泊していました。

f:id:daihida:20161228180940j:plain

では、仲ノ町車庫を見学させてもらうことにしましょう。普通の鉄道会社では、1年に1回のイベントとして開催されることが多いのですが、こちらでは通年見学でき、料金も150円で見学できるので、得した気分になりそうです。

f:id:daihida:20161228181713j:plain

さらに、ツートンカラーの2000形もいました。

f:id:daihida:20161228181838j:plain

こちらは、日本一小さい電気機関車として知られるデキ3です。

f:id:daihida:20161228182024j:plain

こちらは、丸ノ内線カラーの1000形。実は、銚子電鉄に来る前は丸ノ内線ではなく、銀座線で活躍していました。

f:id:daihida:20161228183735j:plain

2015年の引退時に貼られたと思われるステッカーもまだありますね。

f:id:daihida:20161228183923j:plain

こちらが連結器。このようなサビの具合も、長年活躍してきた証拠ですね。

f:id:daihida:20161228194054j:plain

車体のあちこちにも傷みがありました。

f:id:daihida:20161228194914j:plain

緑一色の2000形は、前後で顔が違っていました。

f:id:daihida:20161228195107j:plain

ホームには、外川行の3000形が入線してきました。

f:id:daihida:20161228195214j:plain

2000形と3000形がいい具合に並びました。

 

f:id:daihida:20161228195350j:plain

2000形では、清掃員が車内を掃除しています。

f:id:daihida:20161228195502j:plain

この並びも、車両基地でしかないので貴重ともいえるでしょう。

f:id:daihida:20161228195620j:plain

さて、電車の時間が迫ってきたので、ホームで電車を待つことにします。

ちなみに、この駅のネーミングライツは、『パールショップともえ』です。

f:id:daihida:20161228195746j:plain

ホームには池があり、鯉が泳いでいました。

f:id:daihida:20161228195859j:plain

車両基地の奥側には、ヤマサ醤油の工場が見えます。せっかくこの駅に来たので、醤油の工場見学もしたかったのですが、今回のところは時間がないのでまた今度の機会にとっておきます。

f:id:daihida:20161228200057j:plain

最後にホームから2種類の2000形を撮影しておきます。

f:id:daihida:20161228200153j:plain

さて、この電車で銚子駅に戻ります。

f:id:daihida:20161228200250j:plain

終点、銚子駅に到着。関東最南端のミニ路線とあって、ローカルな風情が充実した銚子電鉄の旅もこれで終わりです。また乗ってみたいです。

というわけで、銚子電鉄でした。