Hidaigo Metro

当サイトでは、主に乗り鉄、撮り鉄として専ら活動し、その記録をこのブログにまとめたものです。皆さんもぜひご覧いただき、励みになってほしいと思います。

2016.08.07 北海道新幹線はやぶさ号で行く道南の大自然、函館市内散策の旅 <1日目 ~洞爺湖編~>

f:id:daihida:20160810220454j:plain

新函館北斗から『スーパー北斗』に揺られ、洞爺湖観光にサミットも開催されたことのある洞爺まで来ました!!

f:id:daihida:20160811210229j:plain

とここで、予想せぬ出来事が!!

寝台特急カシオペア』に遭遇!これは奇跡でした!!

f:id:daihida:20160811213919j:plain

というわけで洞爺湖温泉への路線バスに乗車します。

f:id:daihida:20160811214803j:plain

洞爺湖に到着。洞爺湖は何とも美しい景色です。

f:id:daihida:20160811215051j:plain

せっかくなので遊覧船に乗船。なんとも船はでっかいですね~。

f:id:daihida:20160812121122j:plain

さて、船に乗り込みました。

f:id:daihida:20160812121233j:plain

船内はというと、こんな感じ。広々としていて、ゴージャスな感じも何だかします。

f:id:daihida:20160812121458j:plain

そして船は出港し、中島へと向かいます。

f:id:daihida:20160812121602j:plain

温泉街を離れていきます。私は今夜、温泉街にあるホテルに宿泊します。

f:id:daihida:20160812121948j:plain

これは、洞爺湖で最も小さいといわれる饅頭島であり、通称「ヘビ島」というそうです。

f:id:daihida:20160812223736j:plain

カモメも飛来していました。

f:id:daihida:20160812224017j:plain

さて、洞爺湖で最大の島、中島に近づてまいりました。中島で一度下船すると、30分後の遊覧船に乗船して温泉街に戻れます。私もせっかくここまで来たもんで、ここで降りて自然を散策しなくちゃね。

f:id:daihida:20160812225923j:plain

というわけで、中島に上陸。

f:id:daihida:20160812230211j:plain

ここへ来たら、お参りといったこともできます。

f:id:daihida:20160812230332j:plain

中島からの景色は最高ですね。向こうには火山である昭和新山も見えます。

f:id:daihida:20160812230500j:plain

林に囲まれた形で遊歩道も整備されており、自然散策をしながら有効に時間を使えます。というわけで、遊歩道を歩いてみます。

f:id:daihida:20160812231005j:plain

だいぶ山奥まで進んだところで遊覧船の出港時間が迫ってきたようです。さっき来た道を戻ります。

日本とかけ離れた世界を楽しめました。

f:id:daihida:20160812231453j:plain

桟橋に戻ると、白鳥が何匹もいました。餌もあげている方も多く見られました。

f:id:daihida:20160812231740j:plain

さて、再び乗船し、駅前桟橋へ戻ることにしましょう。

f:id:daihida:20160812232223j:plain

というわけで、約1時間半の洞爺湖クルージングを楽しみ、温泉街に戻ってきました。

さて、今夜は温泉街にある写真左側の茶色い大きなホテル、『レイクサイド万世閣ホテル』で一夜を過ごします。

f:id:daihida:20160812121602j:plain

そして、この日最後のイベントです。

f:id:daihida:20160812233013j:plain

夜7時40分頃、空も真っ暗というのに、ライトアップさせながら遊覧船が出航していきます。

さて、いったい何が行われるのか…。というと、

 

そう、洞爺湖の夜空に舞い上がるロングラン花火大会です!!

f:id:daihida:20160812233313j:plain f:id:daihida:20160812233359j:plainf:id:daihida:20160812233701j:plain

この花火大会は毎年4月~10月に開催されています。

というわけでこの花火を楽しみながら、初日の祝杯を挙げたのでした。

さて明日は、大沼公園でサイクリングを楽しみながら自然を満喫し、函館へ向かいます。また、函館山の夜景も絶賛していただきたいと思います。お楽しみに!!