2019.04.13 飛鳥山の桜と新幹線三昧、京急800形、中央線209系1000番台

さて、久しぶりに鉄道趣味に出たもので、今回は桜が散りゆく中、王子に来ていました。

王子といえば、北とぴあ。その北とぴあにある展望ロビーは、新幹線の定番撮影地として名を馳せています。

f:id:daihida:20190413190456j:plain

そこで、今回は飛鳥山公園の桜をからめて新幹線を撮影!!

まずは、E7系W7系かも分かれねぇ)。

f:id:daihida:20190413190743j:plain

続いては元こまち型のE3系0番台です。

f:id:daihida:20190413190828j:plain

横位置でも撮影してみるとこんな感じです。

f:id:daihida:20190413190942j:plain

続いて、引退決定済みのE4系新幹線。

f:id:daihida:20190413191045j:plain

〆はE6+E5でした!!

f:id:daihida:20190413191143j:plain

続いて京急。ここは鮫洲駅です。

f:id:daihida:20190413192445j:plain

ここでは引退が発表された800形を撮影します。

片開きのドアが特徴的で、各駅停車として活躍中です。

f:id:daihida:20190413192641j:plain

続いては、新馬場駅で待ち構えます。

f:id:daihida:20190413192755j:plain

塗装はリバイバルのものでした。

f:id:daihida:20190413192934j:plain

f:id:daihida:20190413193027j:plain

後追いでも撮影しておきます。

f:id:daihida:20190413193137j:plain

そして最後は中央快速線。東京駅で昨月のダイヤ改正で登場したばかりの209系1000番台を撮ります。

f:id:daihida:20190413193251j:plain

撮り鉄の方も大勢いました。というわけで、私もこの209系1000番台で新宿まで行き、帰路に就いたのでした。

2019.02.23 【ダイヤ改正直前特集】もうすぐ廃止、『スーパーあずさ』

さて、ダイヤ改正を約1か月後に控えたこの時期、ある列車を撮影に中央線にやってきていました。それは…

f:id:daihida:20190226233418j:plain

あの、スーパーあずさ。それも、今回のダイヤ改正で中央線特急の刷新が行われ、それに伴ってE353系に車両が統一、さらにこの『スーパーあずさ』の名前も姿を消します。

f:id:daihida:20190226233850j:plain

というわけで、E353系による『スーパーあずさ19号』を撮り鉄

f:id:daihida:20190226234116j:plain

その後、上り『かいじ112号』も撮影。このE257系0番台もE353系への統一により中央線での定期運用を終了、185系に代わる特急『踊り子』に活躍の場を移します。

f:id:daihida:20190226234423j:plain

新宿駅に戻ると、そこには『スーパーあずさ』の文字が。

f:id:daihida:20190226234532j:plain

このような乗車目標も見納めになります。

f:id:daihida:20190226234620j:plain

ついでに中央ライナー青梅ライナーも廃止になるので、この目印も見られなくなってしまうと思います。

その後、スーパーあずさの入線や発車の様子も撮影する所でしたが、今回は中央線内でのダイヤの乱れにより断念しようと思います。というわけで、廃止目前の『スーパーあずさ』でした。

 

2019.02.23 【㊗ デビュー】丸ノ内線2000系に乗る・撮る

さて、この日は丸ノ内線に新型の2000系がデビューする日。というわけで、2000系に乗車しようと御茶ノ水駅にいました。

f:id:daihida:20190225193828j:plain

というわけで、11:47発新宿行の2000系に乗ってみることに。

f:id:daihida:20190225193936j:plain

2000系は、丸みの帯びた真っ赤な車体と伝統的なサインウェーブが特徴です。さあ、大手町まで乗車します。

f:id:daihida:20190225194201j:plain

液晶LCDも3画面式。4カ国語で表示されるようになっています。

f:id:daihida:20190225194544j:plain

インパクトのある黒と赤のつり革。

というわけで、大手町で下車しましたが、車内は混み合っていてレポートはなかなかできませんでしたね。。。

f:id:daihida:20190225195111j:plain

御茶ノ水に戻り、続いてはあの神田川に架かる有名撮影地で2000系を待ち構えます。

f:id:daihida:20190225195251j:plain

2000系はやはり真っ赤なボディが目立ちます。

さて、もう一度2000系に乗車いたします。

f:id:daihida:20190225195733j:plain

f:id:daihida:20190225200751j:plain

座席も赤と黒のグラデーションになっています。

f:id:daihida:20190225200026j:plain

ただし、優先席はオレンジ色になっています。また、窓も丸窓になってる他、丸がデザインされた部分も多数ありました。

f:id:daihida:20190225201029j:plain

フリースペースにはコンセントなんかもあります。これは、東京メトロで初の試みです。

f:id:daihida:20190225201135j:plain

袖仕切板はダークな木目調になっています。

というわけで、丸ノ内線2000系を思い切って満喫することができました。今後、丸ノ内線の全車両がこの新型に置き換わる模様です。楽しみですね。

2019.01.12 京急大師線正月ヘッドマーク、185系『踊り子』

さあ、年が明けて1週間がたちました。今も正月のヘッドマークや初詣向けの臨時列車を走らせているところも見られます。

さて、今回は京急大師線にて新春恒例の干支ヘッドマークを貼付された列車が走っているので、その様子を撮りに川崎周辺にやってきました。

f:id:daihida:20190119160533j:plain

まずは、京急川崎周辺のS字カーブへ。ここにて2本の列車同士がすれ違うため、この撮影地はかなり有名です。両方ともイノシシのヘッドマークを掲げておりました。

f:id:daihida:20190119161012j:plain

今年もお洒落なヘッドマークですね。

 

f:id:daihida:20190119161231j:plain

3編成運行され、ともに前後それぞれヘッドマークが違い、6種類ヘッドマークを見ることができます。

f:id:daihida:20190119161305j:plain

別位置にて単体でも撮影。

f:id:daihida:20190119161408j:plain

f:id:daihida:20190119161455j:plain

6種類というと、実にバラエティ豊かです。

f:id:daihida:20190119161636j:plain

続いて、185系踊り子を撮影。こちらは新子安駅にて。

f:id:daihida:20190119161825j:plain

こちらは、生麦駅付近の生見尾踏切というお立ち台スポットにて撮影し、

f:id:daihida:20190119161958j:plain

最後は川崎駅にて1枚撮影。特急で15両編成というと、やはり迫力がありますね。

この185系も『踊り子』に中央本線からE257系がやってくると、全滅も間違いないのでまた今度もいつか撮影したいですね。

2019.01.03 新年のご挨拶

あけまして、おめでとうございます。本年も飛鷹鐵道管理局の方をよろしくお願い致します。

昨年は、私にとって人生20年目の新たな境目となる年でございまして、いろいろな事をやらせてもらいました。また、鉄道界においていろいろな出来事のあった年だったと思います。

さて、では年が明けで2019年を迎えました。2019年といえば、社会的に言えば平成が終わる年、いや、これが平成最後の年明けという事になったわけですが、、、

2019年も自分にとっても、鉄道にとってもいろいろな事情が出てくると思います。

今年3月の各社のダイヤ改正の概要もすでに発表されており、ますます鉄道も今年のうちにガラッと変わっていこうとしております。そんな中、一番印象のあるニュースは、夕張線廃止、それから、西武新型特急ラビューの登場、京急本社の横浜移転、丸ノ内線新型車デビューなどなど…、

まっ、とにかく多くのニューフェイスや消えゆく路線、車両などありながら、今年も激動の一年になると思います。

さて、自分も2019年はどの1年になるか楽しみにしている所です。というわけで、今年もより多くのブログを更新しつつ、鉄道や自分の趣味などについて発見できたらなと思います。

さて、新年早々1月3日に、2019年最初の撮り鉄に行ってまいりました。

東京各所で正月に関するヘッドマークや特別列車などが運転され、その様子を撮影に行きましたので、ぜひご覧いただきたいと思います。

f:id:daihida:20190103211448j:plain

まずは、京成電鉄。こちらはAE形に派手なイラストが描かれた成田山開運号。

この年も同じイラストで出発進行です!!

f:id:daihida:20190103211702j:plain

続いて新京成の謹賀新年ヘッドマーク。沿線の千葉県立船橋二和高等学校の美術部の生徒がデザインされ、今年の干支であるイノシシが描かれています。

f:id:daihida:20190103212135j:plain

ついでに、『ドラゴンボール超 ブロリー』のラッピング電車も撮影しました。

f:id:daihida:20190103212317j:plain

次は、東武大師線へ。

f:id:daihida:20190103212533j:plain

こちらもイノシシが描かれていました。

最後は東京モノレール。こちらは2編成にヘッドマークが貼付されました。

f:id:daihida:20190103212658j:plain

f:id:daihida:20190103212825j:plain

こちらもイノシシの絵が。

f:id:daihida:20190103213420j:plain

f:id:daihida:20190103213023j:plain

もう一本は、「HAPPY NEW YEAR 2019」の文字と5匹のイノシシに加え、なぜか犬が1匹!!

というわけで、今回は以上になります。

今年も休日を中心にブログの公開を進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

2018.12.30 小田急ロマンスカーGSEに乗る

f:id:daihida:20181231130722j:plain

年末の箱根旅行の全行程を終え、これからロマンスカーで新宿へ帰ります。

f:id:daihida:20181231130913j:plain

私は、17時30分発の『はこね26号』に乗車します。7両編成といえば、最新鋭のGSE(70000形)です。

f:id:daihida:20181231131032j:plain

ホームにEXE(30000形)が停車中。これは『はこね58号』です。

f:id:daihida:20181231131208j:plain

はこね58号』が発車し、GSEの乗車位置へ。

f:id:daihida:20181231131359j:plain

さぁ、2つのライトを灯して、

f:id:daihida:20181231131503j:plain

GSEミュージックホーンを鳴らしながら、入線。

f:id:daihida:20181231131602j:plain

始発駅のため、車内清掃が行われます。

f:id:daihida:20181231131750j:plain f:id:daihida:20181231131812j:plain

行先表示器はМSEと同じようにフルカラーLEDになっています。

f:id:daihida:20181231131936j:plain

車両の前方には「GSE 70000」とグッドデザイン賞のマークが表示されたプレートが。

f:id:daihida:20181231132103j:plain

車両は第1編成でした。

f:id:daihida:20181231132221j:plain

f:id:daihida:20181231132422j:plain

さあ、いよいよ乗車です。車内はかなり混み合っていました。

f:id:daihida:20181231132558j:plain

はこね26号』は、17時30分に湯本駅出発。とうとう箱根の街を後にしていきます。しかし、外は真っ暗で景色もなかなか楽しめそうにない…。

さて、登山線内をゆっくり走行しているうちに恒例の車内観察にまいります。

f:id:daihida:20181231132900j:plain

車内案内装置はVSEほど大きくはないにしろ、VSEと同じく画面LCDを採用。

f:id:daihida:20181231132740j:plain

また、デッキには大きい荷物を置くためのスペースも完備しております。

f:id:daihida:20181231133037j:plain

自動販売機が車内に設置されるケースは最近では数を減らしてきている一方で、GSEに設置されたのは不思議な感覚かもしれません。しかも、ICセンサーも設置。

f:id:daihida:20181231133233j:plain

洗面台も蛇口の向きがなぜか横向き。

f:id:daihida:20181231133332j:plain

広い空間のゆったりトイレ。一般的には多目的トイレと呼ばれるはずだが…。

f:id:daihida:20181231133511j:plain

VSEとは異なり、座席裏にテーブルがないんです。

f:id:daihida:20181231133620j:plain

実は、ひじ掛けに収納される形で設置されてるのです。

f:id:daihida:20181231133718j:plain

テーブル裏にはドリンクホルダーや傘掛けがあります。

f:id:daihida:20181231133831j:plain

小田原に到着します。

f:id:daihida:20181231133944j:plain

小田原を出発した辺りで、弁当を食べ始めます。

f:id:daihida:20181231134106j:plain

金目鯛、ウナギ、銀鮭がのったこれまた高級品です!!

f:id:daihida:20181231134403j:plain

Romancecar Linkのところにあるバーコードをかざすと、

f:id:daihida:20181231134641j:plain

こんなものが。実際に乗車している列車の次駅案内も表示され、現在地や車内設備などを確認できます。エンターテイメントをクリックすると、クイズなどお楽しみも多数あるんですよ!!

f:id:daihida:20181231134926j:plain

さらには、展望映像も楽しめるんです!!展望席をリサーチできなかった人は、こちらで前面展望を眺めることにしましょう!!

f:id:daihida:20181231135227j:plain

しかし、車窓は何も見えない…。

f:id:daihida:20181231135412j:plain

本厚木に到着。

f:id:daihida:20181231135513j:plain

海老名検車区を通過。

f:id:daihida:20181231135644j:plain

横浜線とオーバークロスし、

f:id:daihida:20181231135806j:plain

町田に停車。次の停車駅は終点新宿駅です。

f:id:daihida:20181231135927j:plain

ひじ掛けにはコンセントがあります。

そういえば、展望席の方を探検していなかったので、行ってみましょう。

f:id:daihida:20181231140531j:plain

座席はやわらかめのシートで座り心地は抜群です。

f:id:daihida:20181231141225j:plain

1号車の前展望。窓ガラスが拡大されて見晴らしも良くなりました。

f:id:daihida:20181231141321j:plain

真上にある扉で運転手は運転席へ出入りします。

f:id:daihida:20181231141436j:plain

側面の窓も大きくなっているのがGSEの特徴です。その代わりに、1号車には荷棚がありません。

f:id:daihida:20181231141649j:plain

客室とデッキの仕切りにガラスを採用しています。

f:id:daihida:20181231141914j:plain

登戸駅を通過。ここから複々線区間に突入。

f:id:daihida:20181231142003j:plain

多摩川を渡り、東京都へ。徐々に都心へ近づいていきます。

f:id:daihida:20181231142121j:plain

我孫子行の準急と並走。

f:id:daihida:20181231142354j:plain

あっという間に準急を抜き去ってしまいました。

f:id:daihida:20181231142447j:plain

成城学園前を通過。

f:id:daihida:20181231142600j:plain

代々木上原を通過し、いよいよラストスパート。

f:id:daihida:20181231142730j:plain

新宿の大カーブを通り抜け、新宿駅到着です。

f:id:daihida:20181231142835j:plain

ようやく1泊2日の箱根旅行が終わりを迎えました。

f:id:daihida:20181231142935j:plain

このGSEは、折り返し『ホームウェイ7号』となって再び箱根湯本駅まで向かいます。

f:id:daihida:20181231143040j:plain

これで2018年をいい形で締めくくりました!! 2019年もまたどこかへ行けるといいですね。。

では、良いお年を!!!

2018.12.30 ユネッサン、彫刻の森美術館、箱根湯本駅周辺を観光

f:id:daihida:20181231113814j:plain

おはようございます。朝のホテルからの景色です。ご覧のように、相模湾が見えます。

f:id:daihida:20181231113914j:plain

さて、この日は小涌谷にあるユネッサンから一日が始まります。

f:id:daihida:20181231114109j:plainf:id:daihida:20181231114201j:plain

f:id:daihida:20181231114327j:plainf:id:daihida:20181231114447j:plain

このように、ロデオマウンテン、ジャングルジム、本格コーヒー風呂、ワイン風呂など、多彩なお風呂巡りを楽しめるのです。

f:id:daihida:20181231114720j:plain

ユネッサンで疲れを癒した自分は、レトロ基調のバスに乗り、

f:id:daihida:20181231114843j:plain

小涌園バス停から2つ目の二の平バス停からすぐの所にあるレストラRОI(ロア)。ここでは、高級な洋食料理をいただけます。

f:id:daihida:20181231115035j:plain

私もかなり豪華な料理を注文してしまいました!!

その名も、「とにかく肉というあなたにミックスミートグリル」。

グリルドチキン、ベーコン、ハンバーグ、ボークステーキの詰め合わせ、これ、まさに豪勢な一品!!

f:id:daihida:20181231115343j:plain

さて、肉料理で腹一杯にした自分は、

f:id:daihida:20181231115531j:plain

彫刻の森美術館へ。とことん自由にアートを楽しめる美術館という事で、さっそく中へ入ってみましょう!!

f:id:daihida:20181231115842j:plainf:id:daihida:20181231115934j:plain

f:id:daihida:20181231120025j:plain

美術館のすぐそばを登山電車が通り抜けます。

f:id:daihida:20181231120236j:plain

人が目玉焼きの上に寝る仕草、これお洒落!?

f:id:daihida:20181231120358j:plain

この巨大な建物の中に、

f:id:daihida:20181231120451j:plain

手編みのネットのカラフルで巨大な「ネットの森」。僕もこれで遊びたかったなぁ…。

f:id:daihida:20181231120642j:plain

ピカソ館では、ピカソのアート作品が楽しめます。ここでは館内撮影禁止なのでご容赦を。

f:id:daihida:20181231120751j:plain

この高い塔の中に、、、

f:id:daihida:20181231120838j:plain

高さ18mの壁面全体がステンドグラスに覆われています!!僕も階段を上ってみるも、あまりにも怖すぎて上ではさすがに写真を撮ることすらできない状態でした…。

でも、これは別世界!!

f:id:daihida:20181231121045j:plain

この中に入れば、シャボン玉の中にいるような気分を味わえたはずが、これも小学生以下専用…。

ほかにも面白い作品や体験が勢ぞろいなので、大人のみならず子供でも十分楽しめる美術館です!!!

f:id:daihida:20181231121218j:plain

さて、彫刻の森駅から登山電車で箱根湯本駅へ向かいます。

f:id:daihida:20181231121439j:plain

途中駅にもかかわらず、多くの方が電車を待っています。

f:id:daihida:20181231121530j:plain

さぁ、これで箱根の山を下ります。

f:id:daihida:20181231121653j:plain

一気に箱根湯本駅まで戻ってきてしまいました!!

f:id:daihida:20181231121758j:plain

丁度ホームには、GSEが停まっていました。「折角だから、これで新宿に帰りたい」、そう言ってしまう所ですが、これには乗りません。箱根観光はまだまだ続きます。

f:id:daihida:20181231122010j:plain

湯本駅周辺にあるあじさい橋には人力車が。折角なので、これに乗らせていただくことに。

f:id:daihida:20181231122116j:plain

さぁ、20分間の短い旅がスタートします。最初は案内役が箱根の街について紹介されていました。

f:id:daihida:20181231122252j:plain

20分コースでは、早川に沿ってかつての湯本温泉の中心だったところを辿ります。

f:id:daihida:20181231122511j:plain

冬場だというのに、わずかながら紅葉が残ります。

f:id:daihida:20181231122902j:plain

川にはシラサギやカワセミがいたりします。

f:id:daihida:20181231123022j:plain

温泉の源水は、この黒いロープを通って運ばれるそうです。

f:id:daihida:20181231123629j:plain

老舗の店が立ち並ぶ湯場地域へ。ここは、湯本でもっとも栄えた町だそうです。

f:id:daihida:20181231123853j:plain

所々で湯気が湧き出ています。

f:id:daihida:20181231123948j:plain

箱根温泉の原点となった熊野神社。ここでは温泉の神様がおり、温泉に行く際はここにぜひ立ち寄るといいとおっしゃっていました。

f:id:daihida:20181231124152j:plain

さて、折り返しは川から少し離れた道を通って帰ります。

f:id:daihida:20181231124255j:plain

湯本見番。ここでは、箱根の芸者さんたちが稽古をする場所だそうです。

f:id:daihida:20181231124400j:plain

箱根湯本駅前の国道1号線に出てコースも終盤に差し掛かります。

f:id:daihida:20181231124516j:plain

さて、スタート地点のあじさい橋に戻ってきました。たった20分間でしたが、大いに楽しむことができました。

f:id:daihida:20181231124645j:plain

その後、箱根湯本駅に沿って点在する土産店を散策したりしました。

f:id:daihida:20181231124816j:plain

さて、この後はあの新型ロマンスカーGSE(70000形)で一気に新宿へ帰ります!!お楽しみに!!!